本文へスキップ

特定医療法人竹下会

TEL. 088-822-2371

〒7800863 高知県高知市与力町3番8号

見出しリウマチ科専門外来

リウマチ科専門外来

リウマチ科専門外来
院長
 原 郁夫

高知で25年以上、リウマチ診療にあたってきましたが、以前に比べるとリウマチの治療もずいぶん変わりました。昔はプレドニンや、シオゾール、リマチル、アザルフィジンといった薬が中心で、その効果も限定的で関節が次第に変形していく患者さんが多く、それも仕方のないものと捉えられていました。
しかし、平成11年にメトトレキサートがリウマチの治療薬として承認され、平成23年には、増量投与が可能になったことで、関節炎のコントロールがかなりできるようになりました。
さらに平成15年には注射薬である「生物製剤」が使用できるようになり、関節炎を完全に抑制し、場合によっては、破壊された関節が修復されることが証明され、その劇的な効果に驚かされたことでした。
現在、生物製剤は7剤が発売され、またJAK阻害剤という生物製剤に匹敵する効果のある内服薬も使えるようになり、治療の選択幅が大きく拡がりました。その結果、炎症が十分に抑制されるようになり、昔は持続する炎症が原因で発症していたアミロイドーシスという腎臓や腸の障害をきたす、時には致命的となる合併症もあまりみられなくなっています。
しかし反面、メトトレキサートや生物製剤による免疫抑制のため、ニューモシスチス肺炎やサイトメガロウィルス感染、非結核性抗酸菌症、悪性リンパ腫の合併など以前にはあまり見られなかった疾患が増えてきています。 したがって、リウマチの治療においては、これら薬剤の効果と副作用のバランスをうまくとって、使用していくことが重要と思われます。
当院のリウマチ専門外来では、患者さんの現在の状態、検査結果、薬剤の効果と副作用について説明し、ともに協力してリウマチの治療を行っていきたいと思います。


「リウマチ科専門外来」についてのご予約、お問い合わせは、
下記の時間に承っております。


〔月曜〜金曜日〕8:40〜17:20 〔土曜日〕8:40〜12:05

TEL 088-
822-2371 竹下病院

バナースペース

特定医療法人竹下会竹下病院

〒7800863
高知県高知市与力町3番8号

TEL 088-822-2371
FAX 088-822-2375